本文へ移動

代表のひとりごと兼おしらせ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

一週間あいてしまいましたが

2015-11-19
管理人のしらいしです。
 
当社ホームページ及び本ブログにアクセス頂き、ありがとうございます
セミナー実施結果以来更新していないことに気づき、ブログを更新しています
 
今日は、社内の取り組みについて少々書きたいと思います。
事例は当社HP内の(社内実践)51shiraishi.jp/publics/index/22/&anchor_link=page22#page22をご覧下さい。
 
 クリアディスクです。ディスプレイ及び固定電話機以外は、全て指定されてたロッカーにしまうルールになっています。取り組んだ当初は、
「入りきらないから袖に引き出しが欲しい」
「ノートパソコンは毎日使うのでロッカーにしまうのが面倒くさい」
 
などの不満が多く出ましたが、1週間徹底して取り組めば、クリアディスクは実現可能です。
 
オフィス空間での御困り事や最適配置による業務効率向上をご検討しているお客様がいましたら、ヒアリングした情報を基により良いオフィス空間を御提案させて頂きます。
 
 
 
 

セミナー実施の結果

2015-11-12
管理人の白石です。
 
11月11日君津商工会議所にて、リコージャパン株式会社押本様を講師に、マイナンバーセキュリティセミナーを開催致しました。 企業のマイナンバー対策を改めて認識して頂けるセミナーだったと思います。
 
8社10名のお客様に参加頂きました。ありがとうございました。
 
 

RICOH WGシリーズの凄さ

2015-11-05
管理人のしらいしです。
 
上記の写真2枚を見て頂いて、何か気づきませんか?
左の写真は、葉っぱに近づきすぎて、ピントが合っていませんが、
右の写真は、ピンボケせず、写真が撮影できています。
 
この二つの違いは、RICOHWGシリーズに標準搭載されいる顕微鏡モードの使用有無です。
左の写真は使用せずに撮影し、右の撮影は使用し撮影しました。
 
実機を見てみたい方は、是非御連絡下さい。
お客様先に訪問させて頂き、デモをさせて頂きます。
 

ブログを開設しました。

2015-10-28
 
初めまして、有限会社しらいしHPを管理している管理人の白石です。
 
正直、当社HP内にブログを開設しようか悩みましたが、
当社に興味を持って頂く一つのきっかけになればと思い開設しました。
 
 当ブログでは、お役立ち情報・オススメ品や当社の様子などの
情報発信致します。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

新型コロナウイルス感染症における有限会社しらいしの対応について

新型コロナウイルス感染症において、罹患された皆様に心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い回復と終息をお祈りいたします。

有限会社しらいしでは、こうした状況に対して、お客様対応を第一に考えた上で、お客様、パートナー企業、従業員と家族の安全確保と健康維持、感染者増加の防止に向け積極的に取り組んでまいります。

現時点における有限会社しらいしの対応について、以下にお知らせします。何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

1.有限会社しらいしの基本方針

 

1. 基本方針
有限会社しらいしは、新型コロナウイルス感染症拡大に伴うリスクに対し、以下の方針に基づき体制を整備し、必要な対応を遂行しています。
①グループ従業員等およびその家族の生命・健康維持を優先する。
②社会への影響を配慮し、可能な限り感染者増加を防止する。
③社会・お客様から求められるサービス・製品の継続的提供のための努力をする。
④経営基盤の維持に努める。
⑤通常業務を継続できない”非常に重大なパンデミック”に備える(BCP対応準備)
2.従業員への対応について
感染予防に関する注意喚起を徹底するとともに、国内外出張を原則禁止としています。また、業務・プライベート目的にかかわらず、海外から日本に帰国し、出社を予定するものは、2週間の在宅勤務を行い、健康状態の確認を行ったうえで出社を認めています。
3. リコーグループ主催イベントへの対応について
国内における新型コロナウイルスの感染状況を考慮し、お客様や関係の皆様、グループ従業員等の安全確保と健康維持、感染拡大の防止のために、しらいし主催のイベントに関しては、原則禁止としています。
4. 在宅勤務の積極的活用について
有限会社しらいしでは、5月25日の日本政府による緊急事態宣言全面解除ののちも、事業、業務の実情に合わせて代表の判断により、在宅勤務、時差出勤等を最大限活用する勤務体制としています。引き続き、在宅勤務、時差通勤等を積極的に活用することにより、通勤時の感染リスクを下げるとともに、出社勤務の人数を減らすことで社内勤務時に感染リスクの高い環境を作らないように努め、事業継続との両立を図ります。
5. 国内における製品供給について
お客様先でお使いいただく機器の消耗品やサービス部品の供給においては現在十分な在庫を保有しており、ご迷惑をお掛けしない体制となっておりますが、パートナー企業様からの一部の部品調達に支障が出ているため、一部の機器において供給が不安定になる可能性が生じています。
現在、さまざまな方面からの状況把握に努めるとともに、機種・部品ごとの在庫状況の確認、代替部品の手配など、生産への影響を最小限にすべく、あらゆる対応策の検討と実施を進めています。今後、影響が予測されるお客様への対応を進め、影響の極小化にグループ総力をあげて全力を尽くします。
今後も各方面からの情報を注視しながら、上述の基本方針に則り、必要な対応を速やかに実施してまいります。

TOPへ戻る